グラシイアジャパン株式会社
GRACIA HOME > how to

使い方

GRACIA GEL手順
手順
BETWEEN
   ↓
Base Gel
   ↓
Color Gel
   ↓
Top Gel


プレパレーション

GRACIA GEL SYSTEMにおいて必ず行う作業です。ジェルが地爪からリフトしたりするのは、ほとんどの場合、不適切なプレパレーションによって起こります。地爪を傷めず、ジェルを長持ちさせるためにも、しっかりと丁寧なプレパレーションを身につけましょう。
※ 地爪の油分・水分が多い方、地爪が極端に薄い方はリフトする場合があります。
※ ステンドグラスジェルにおいては、工程6の順序がかわります。

1.
フリーエッジをファイリングします。
2.
プッシャーでキューティクルを押し上げ、ルースキューティクルを取り除きます。
3.
爪全体をソフトタッチファイル(220/280)又はティアラサンディング(180/240)の180Gでバッフィングします。
4.
ダストオフ後、エタノールで爪の周りの油分・水分を除去し消毒します。
5.
爪の中央部分にBETWEENを塗ります。BETWEENは自然乾燥タイプです。
※塗ることによって爪への負担を軽減します。
※ソークオフ時、より簡単にオフすることが可能です。
※BETWEENは爪の中央部分のみ塗ります。サイドから3mm程度離れた距離に塗ります。 
※30秒ぐらいで乾きます。実際の施術では10本BETWEENを塗り、最初の指に戻ってそのまま次のジェル塗りの工程に進んでください。
pagetop

ソークオフの方法

1.
ステンドグラスジェルやジェルスカルプチュアの場合はクリッパーやニッパーでフリーエッジ部分をカットしておきましょう。
2.
アセトンをコットンに含ませてジェル表面に置き、空気が入らないようにアルミ ホイルで包みます。
3.
10分ほど待ちます。
4.
メタルプッシャーまたはウッドスティックで軽く押して除去します。
ジェルの除去時には、自爪を傷つける恐れがありますので、きれいに除去できなかった場合には、2〜4を繰り返して行い、ジェルを除去してください。
※ステンドグラスネイルは少し厚みがあるので少しファイリングしてからアセトンを巻くと時間短縮することが出来ます。
pagetop

カラーグラデーション

1.
グラシアベースジェルを筆全体になじませます。
2.
1層目のベースジェル(カラー2度塗り目の時はカラージェル)の未硬化ジェルをひっぱってしまわないように、また爪の上での滑りをよくするため、筆の先端にごくごく少量のクリアジェルをつけます。
3.
筆の片面だけに、筆の長い方にだけカラージェルを三角形に取ります。(左利きの人は写真の筆の裏面に)
4.
筆先のすべてが爪の表面に当たるように、中央→左→右の順番で、カラージェルをなじませながらグラデーションを作っていきます。
幅を広げたい時は、だんだん上に筆を動かします。毛の短いところが必ずクリアであるように、筆を動かします。
pagetop

G-gelly使用方法

1.
プレパレーション後、G-gellyベースジェルを少量をとって爪全体に塗ります。エッジをしっかりキャップします。LED 8Wライトで20秒、UV 36Wライトで30秒硬化させます。
※G-gellyベースはソフトタッチファイルでサンディングしただけで、リフティングなしで4週間以上持ちます。
2.
G-gellyカラーを塗ります。
少量を塗っても発色が良いです。
全体に塗った後エッジもしっかりキャップします。
LED8Wで30秒、UV36Wで1分硬化させます。
カラーは2コート行います。エッジもう一度しっかりキャップします。
LED8Wで30秒、UV36Wで1分硬化させます。
3.
G-gellyトップジェルを塗ります。このトップジェルはソークオフもしやすいジェルです。
爪全体に塗ってLED 8Wライトで20秒、UV 36Wライトで30秒硬化させます。
G-gellyトップジェルは未硬化ジェルが残りますのでクレンザーをコットンに含ませて軽く拭き取り、仕上げます。
pagetop

ステンドグラスネイル

1.
フリーエッジをファイリングします。短くカットしておきましょう。
2.
プッシャーでキューティクルを押し上げ、ルースキューティクルを取り除きます。
3.
爪全体をソフトタッチファイル(220/280)又はティアラサンディング(180/240)の180Gでバッフィングします。
4.
ダストオフ後、エタノールで爪の周りの油分・水分を除去し消毒します。
5.
モザイクチップのサイズを選びます。コンタクトゾーンをイエローラインに合わせてカットしてもよいです。
6.
モザイクチップを装着します。コンタクトゾーン(ウェル部分)に空気が入らないように気をつけます。
※ 爪の仕上がりを想定して装着します。
※ モザイクチップは高さがあるので、仕上がりの厚みを考え、少し下向きに付けます。
※ 下向きでつけて、ウェルと自爪に隙間ができた場合、グルーでうめます。
7.
モザイクチップの長さと形を整えて、チップと自爪との段差を整えます。ダイアモンドファイル(180/180G)または、サファイアファイル(240/240G)で行います。
※ チップをカットする際は、凹凸に合わせて少しずつカットします。
※ 自爪との段差を整える際、モザイクチップの凸部分を傷つけないように注意しましょう。
8.
ダストオフ後、エタノールで爪の周りの油分・水分を除去し消毒します。
9.
爪の中央部分にBETWEENを塗ります。BETWEENは自然乾燥タイプです。
※ 塗ることによって爪への負担を軽減します。
※ ソークオフ時、より簡単にオフすることが可能です。
※ BETWEENは爪の中央部分のみ塗ります。(サイドから3mm程度離れた距離に塗ります。)
※ 30秒ぐらいで乾きます。実際の施術では10本BETWEENを塗り、最初の指に戻ってそのまま次のジェル塗りの工程に進んでください。
10.
自爪部分に、グラシアベースジェルを塗布し、LED 8Wライトで20秒、UV 36Wライトで30秒硬化させます。このとき、コンタクトゾーンには、ジェルがすこし乗る程度にします。
11.
ステンドグラスジェル1〜2色をモザイクチップの上に凹凸を埋めるように乗せます。ステンドグラスジェルを乗せ終わったら、LED 8Wライトで30秒、UV 36Wライトで1分完全に硬化させます。
※ バブルが入らないように、ステンドグラスジェルを塗布します。
12.
ネイルベッドを、グリッター等のネイルアート用品を用いてデザインを行います。LED、UVライトで10秒硬化させます。
13.
ビルダージェルをネイルベッドから先端まで滑らかに繋がるように、全体を2回に分けてコーティングします。
1コート目LED 8Wライトで30秒、UV 36Wライトで1分、2コート目LED 8Wライトで30秒、UV 36Wライトで1分硬化させます。
※モザイクチップのサイドやエッジに凹凸がある場合には、ジェルで凹凸を埋めます。
14.
エタノールで未硬化ジェルを拭き取ります。
ダイヤモンドファイル(180/180G)で全体をファイリングして、表面とアウトラインの凹凸を滑らかにします。さらにソフトタッチファイル(220/280G)又はティアラサンディング(180/240)の180G面で全体を滑らかにします。
特に、サイドの凹凸をしっかり処理しましょう。
15.
グラシアバランストップジェルを塗布して、LED 8Wライトで20秒、UV 36Wライトで30秒入れて硬化し、モザイクチップの裏側にプラスシャイニングジェルを薄く塗ってLEDライトで1分、UVライトで1分硬化させます。
※ プラスシャイニングジェルは拭き取り不要
※ プラスシャイニングジェルでチップの裏側を塗布することにより、透明感を長く維持することができます。
16.
クレンザーで未硬化ジェルを拭き取り、仕上げます。
pagetop

マヤジェル

マヤジェルの粘度調節方法
※デザインに使用する量を調節しましょう。

柔らかい場合

グリッター(グリッターアルファGL002など)を混ぜて調節します。

硬い場合

1.
ウッドスティックやプッシャーなどで混ぜます。
混ぜる事により、ジェルに含まれていた水分が均等になるので柔らかくなります。
また、ケースの中で使いたい分だけを混ぜることも可能です。
2.
ジェルが硬すぎる場合、クリアビルダージェルを少し混ぜて調節します。
※クリアビルダージェルを入れすぎると立体感が出にくいことがありますので入れすぎないように注意しましょう。
pagetop

マヤジェルデザイン

■デザインに使用する量を扱いやすい粘度に調節しておきましょう。
■使用して余ったマヤジェルは、マヤジェルのケースに戻すか、空き容器に保管すれば、再び使う事ができます。

1.
マヤジェルをパレットに出し、スパチュラで作りたいパーツのサ  イズに切り分けます。
スパチュラでデザインしたい表面(ネイル、デコパーツなど)の上でマヤジェルブラシで形を作ります。
2.
デザインを行う間、エタノールで筆を拭きながらデザインを行うとよいでしょう。
3.
LED 8Wで10秒、UV 36Wで20秒仮止めをしながら、デザインをしていきます。
重なりのあるアートや立体感を出す場合、各パーツ毎に仮止めをしてからデザインしていきます。
4.
デザインが完成したらLED 8Wで1分、UV 36Wで2分入れて完全硬化させます。
※作るアートの厚みによって硬化の時間が異なります。
5.
3Dアートにツヤを出すには、プラスシャイニングジェルでコートをし てLED 8Wで1分、UV 36Wで1分入れます。
マットに仕上げたい場合は、マヤジェルブラシにクレンザーを含ませて、筆で拭き取るようにクレンジングします。
pagetop